シェアハウスとは

シェアハウスとは、ハウスシェアリングとも呼ばれる住居形態で、ひとつの住居を複数の人で共有することをいいます。
日本では最近になって知られるようになりましたが、欧米では古くから若者が家族と離れて自立する時には、まず共同でマンションや一戸建住宅を借りて住むことが当たり前に行われていました。


日本でも最近では、経済面で負担を減らすためにという目的と、人とのつながりや交流を生み生活を豊かにしたいという目的によって、シェアハウスが多くの人に選ばれるようになりました。
同じような住居形態にルームシェアがありますが、こちらは友達や兄弟などと住むことを指し、シェアハウスは外部の事業者に運営管理され、全くの他人同士が住む住居を指しています。
シェアハウスの魅力をみてみましょう。


経済面で負担を減らすためという目的の人にとっては、敷金、礼金や保証人が必要でない物件もあるために費用が安い、キッチンやリビング、お風呂などは共有し、部屋は各自個室という作りになっているため、共有部分の冷蔵庫や洗濯機、キッチン用品などがあらかじめそろっていて自分で準備する必要がなく費用がかからない、といったメリットがあります。


人との交流や生活スタイルを豊かにするためという目的の人には、共通の趣味を持つ人と出会えることがきる、一人暮らしより安心感がある、といったメリットもあります。
またシェアハウスを選ぶ人が増えてきている背景には、運営する側が、立地や設備、サービスにこだわり、魅力的で個性的なシェアハウスライフが送れるようなシェアハウスを展開していることもあります。


<外部リンク>
関東近辺のシェアハウスの物件情報が紹介されているサイトです ⇒ シェアハウス 物件

Copyright © 2014 シェアハウスの現状 All Rights Reserved.